2011年04月09日

いっきに空気が春めき、そこいら中で草花が芽吹き、
進級、そして出会いと別れ。
桜もとても綺麗ですが、通年より憂いを帯びて見えるのは私だけではないのでは。

原発のこと、そしてまだつづく余震のこと。もやもやとした世の中。

それでも時間は過ぎ、季節は移り変わっていくんだなあと思うと、
私たちにとっての「安心」とか「安全」って、いったいどんなことだろう。そんなことを考えています。

夫は仲間と共に石巻へ。
まだ風は強そうだけど、私はこれから子供たちと散歩に出かけます。


no-title
posted by chie at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44213360
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック